介護職員初任者研修 研修カリキュラム
Home > 介護職員養成事業 ウイル介護スクール > 介護職員初任者研修 研修カリキュラム

最新の研修情報

最新の研修情報はこちらをクリックしてください。

 ✨ ウイル介護スクール ✨

研修カリキュラム

科目別通信学習時間

科目番号・科目名

通学学習時間

通信学習時間

(1) 職務の理解

6時間

 

(2) 介護における尊厳の保持・自立支援

4時間

5時間

(3) 介護の基本

3時間

3時間

(4) 介護・福祉サービスの理解と医療の連携

1.5時間

7.5時間

(5) 介護におけるコミュニケーション技術

3時間

3時間

(6) 老化の理解

3時間

3時間

(7) 認知症の理解

3時間

3時間

(8) 障がいの理解

1.5時間

1.5時間

(9) こころとからだのしくみと生活支援技術

12時間

12時間

(10) 振り返り

4時間

 

通信学習に関して

通信学習

 

 

1 講義を通信の方法によって行う地域

 

・大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県全域

 

2 添削指導の方法

 

・自宅学習期間の質問方法

    質問は電話及びメールによるものとする。

    添削担当講師:別添カリキュラム参照

    電話番号 0729687625 (受付時間 午前9時~午後5時)

     ファックス番号 0729687624 

     メールアドレス  uiru@sweet.ocn.ne.jp

     〒579-8058

大阪府東大阪市神田町5-10   フォーシーズンコート301

 

3 科目別通信学習時間

科目番号・科目名

通信学習時間

通信形式で実施できる上限時間

(別紙3より)

(2) 介護における尊厳の保持・自立支援

5時間

5時間

(3) 介護の基本

3時間

3時間

(4) 介護・福祉サービスの理解と医療の連携

7.5時間

7.5時間

(5) 介護におけるコミュニケーション技術

3時間

3時間

(6) 老化の理解

3時間

3時間

(7) 認知症の理解

3時間

3時間

(8) 障がいの理解

1.5時間

1.5時間

(9) こころとからだのしくみと生活支援技術

12時間

12時間

 

4 通信学習課題配布・提出標準日程

 

添削課題は初日にすべて配布すし、2回に分けて提出する。

なお、第1回目の提出は、開始後10日目、2回目の提出は、その2日後とする。

修了評価の方法

修了評価は、修了テストを行い、合格点に達する必要があります。

1 出題範囲

「(2)介護における尊厳の保持・自立支援」から

「(9)こころとからだのしくみと生活支援技術」までとする。

2 出題形式

   五肢択一形式

3 出題数

 ・ 択一問題30問(配点1点)

全問正解:30点満点

 

4 合否判定基準

 18点以上

 

5 不合格になったときの取扱い

 不合格者に関しては、担当講師による補修の上、再試験を実施します。

補習費用:1,000 円、再評価費用:1,500
お問い合わせ
NPO法人 Cheri(シェリィ) 会員募集

我々の経営理念や今後の計画にご賛同いただける会員様(個人・団体)を募集しております。
会員特典 会報(年四回)をお届けします。ハンデサポの活動へのご参加に、 
割引させていただきます。
会費
(1) 正会員 個人会費(年額一口5千円) 団体会費(年額一口1万円)
(2) 賛助会員 個人会費(年額一口3千円)団体会費(年額一口5千円)